FC2ブログ

ヴァン・ヘイレン  VAN HALEN

VAN HALEN Ⅲ

NEWORLD
WITHOUT YOU
ONE I WANT
FROM AFAR
DIRTY WATER DOG
ONCE
FIRE IN THE HOLE
JOSEPHINA
YEAR TO THE DAY
PRIMARY
BALLOT OR THE BULLET
HOW MANY SAY I




 元 EXTREMEのゲイリー・シェローンが 3期目のボーカルを務める事になった。
個人的には デイヴに もどって ほしかったのだが 新しいヴォーカルは まだ耳にした事のない ボーカリストだった。クィーンのフレディ ストーンズのミック もしかり 名ギタリストには パフォーマーが必要に思っているので。
初めて 聞いた 3期目の VAN HALENは たしかに VAN HALENだと思ったが ギターの存在が 全面に でているように感じた。エディのファンにとっては 待ち望んでいるような 感じに仕上がったと思う。
最近音楽のソース源が 乏しいので 洋盤は 手にとっていなかったが このアルバムを 見かけた時には 手にかかえていた。
 



VAN HALEN BEST OF 
   VOLUMEⅠ


ERUPTION
AIN’T TALKIN’ BOUT LOVE
RUNNIN’ WITH THE DEVIL
DANCE THE NIGHT AWAY
AND THE CRADLE WILL ROCK
UNCHAINED
JUMP
PANAMA
HOT FOR TEACHER
WHY CAN’T THIS BE LOVE
DREAMS
WHEN IT’S LOVE
POUNDCAKE
RIGHT NOW
CAN’T STOP LOVIN7 YOU
HUMANS BEING
CAN’T GET THIS STUFF NO MORE※
ME WISE MAGIC※


96年グレイテスト・ヒッツ用に 新曲を用意する段階になってサミー・ヘイガーとエディ・ヴァン・ヘイレンとの間に亀裂が生じサミーが脱退して デビィッド・リー・ロスを 呼び戻して新曲2曲※をレコーディングした。





VAN HALEN
    BALANCE


THE SEVENTH SEAL
CAN’T STOP LOVIN’ YOU
DON’T TELL ME
AMSTERDAM
BIG FAT MONEY
STRNG OUT
NOT ENOUGH
AFTERSHOCK
DOIN’ TIME
BALUCHITHERIUM
TAKE ME BACK
FEELIN’
CROSSING OVER



ジャケットの子供が 2人のものと 1人のものがある。多分 前者は いろいろ・・・ 感じだった。後者は 日本盤?。所有しているのは 日本盤。


VAN HALEN
  FOR UNLAWUL CARNAL KNOWLEDGE


POUNDCAKE
JUDGEMENT DAY
SPANKED
RUNAROUND
PLEASURE DOME

I’M N’ OUT
MAN ON A MISSION
THE DREAM IS OVER
RIGHT NOW 
316
TOP OF THE WORLD






VAN HALEN OU812
マイケル・アンソニーB サミー・ヘイガーVo アレックス・ヴァン・ヘイレンDr エドワード・ヴァン・ヘイレンG
MINE ALL MINE
WHEN IT’S LOVE
A.F.U.
CABO WABO

SOURCE OF INFECTION
FEELS SO GOOD
FINISH WHAT YA STARTED
BLACK AND BLUE
SUCKER IN A 3 PIECE


 



5150

デイビィッド・リー・ロスに かわり サミー・ヘイガーが ヴォーカルを 担当する。新生 VAN HALENの アルバム。






VAN HALEN
1984


Alex Van Halen
David Lee Ross
Edward Van Halen
Michael Anthony


1984
JUMP
PANAMA
TOP JIMMY
DROP DEAD LEGS

HOT FOR TEACHER
I’LL WAIT
GIRL GONE BAD
HOUSE OF PAIN


"プリティ・ウーマン"がヒットしたダイヴァー・ダウンから2年弱で 6枚目となるアルバム。
ファーストシングルは 立ち上がり エディ・ヴァン・ヘイレンが シンセを使った。
"JUMP"。全米№1に 輝く。



VAN HALENを はじめて聞いたのは アルバム ダイヴァー・ダウン 当時は ディスコ・ソウル系が好きで ロックも聴くけど あまり聞かなかったが ダンシング・イン・ザ・ストリート プティ・ウーマンが 耳に 残った。その後 マイケル・ジャクソンのアルバム"スリラー"の 「今夜はビート・イット」のギターを エディーが 担当した。彼が VAN HALENのギターリストだと知る。この事で ロックバンドで 上位の方に インプットされた(個人的)。
その後に 発表されたのが 1984。セールスでも 多分グループの №1でないかと思う。この頃から ボーカルが DAVID REE ROSSと 名前を 覚えるようになった。JUMPのMTVの 開脚 ジャンプは 印象深い。VOCALのパフォーマンスといえば ミック・ジャガーだったが デイブも いいと思った(個人的)。
おすすめの1枚。 


DIVER DOWN   VAN HALEN

Where Have All The Good Times Gone!
Hang’em High
Cathedral
Secrets
Intruder
(Oh) Pretty Woman

Dancing In The Street
Little Guitars(Intro)
Little Guitars
Big Bad Bill
The Full Bug
Happy Trails





VAN HALENⅡ

You’re No Good
Dance The Night Away
Somebody Get Me A Doctor
Bottoms Up!
Outta Love Again

Light Up The Sky
Spanish Fly
D.O.A
Women In Love
Beautiful Girls






Woman And Children First

2008.05.19 | Comments(0) | Trackback(0) | ア・イ・ウ・エ・オ ART名

«  | HOME |  »

プロフィール

  i l music

Author:  i l music
好きなジャンル・ディスコ!。

1970~1990年代を中心に好きなサウンドを紹介します。 

※英語はダメなので 歌詞の内容は わかりません。
紹介しているアルバムはレコード盤・CDで収録内容が 変わっていたり、入力ミスが ありますので ご注意下さい。


最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード